貸切バス選びのポイント

旅行や研修など、様々な目的で利用を考えることができるのが貸切バスです。しかし、この貸切バスは利用の仕方によってかなり利便性や料金に違いが生じるものでもあります。ここでは、より便利かつ安価に貸切バスを利用するためのポイントについて紹介します。

貸切バス利用において最初のポイントとなるのは、バスの選び方についてです。貸切バスとして利用できるバスの種類については、利用するバス会社によって選択肢の幅が違っています。大型のものから小型のものまで利用できるバス会社もあれば、大型のみ、小型のみの扱いをしているバス会社もあります。事前に自分たちが利用する目的に応じて、どのぐらいのサイズのバスが必要なのかを考えておくようにしましょう。

基本的に貸切バスの料金は利用するバスが大きければ大きいほど高くなります。小さいバスで足りる場合に大きなバスを利用すると、余計な料金が必要となるため注意しなければなりません。また、バスの設備についてもチェックをしておく必要があります。たとえば車内にトイレやテレビがあるかどうかということや、各席にドリンクホルダーがあるかどうかなどもポイントとなります。このような設備は長距離の移動になるほど重要性が高くなります。

また、バスを選ぶ場合には人数だけではなく、荷物の量についても考慮しておく必要があります。人だけなら余裕を持って座ることができるものの、荷物のことを考えると狭くなってしまう場合、人数よりも大きめのバスを予約する方法もあります。また、利用できるトランクの大きさなどについても事前にチェックしておくようにしましょう。

さらに、貸切バス会社を選ぶ場合、そのバス会社の車庫がどこにあるのかもチェックするポイントの1つとなります。基本的に貸切バスの利用料金は、移動距離と拘束時間によって計算されることになります。しかし、これはただ自分たちが乗っている時間だけを計算するものではありません。貸切バスが車庫を出て、車庫に戻るまでの距離・時間によって料金が測定される仕組みとなっています。そのため、車庫から遠い場所で利用をすると、それだけで利用料金が高くなってしまう可能性があるということです。できるだけ安く利用するためには、近くに車庫があるバス会社を選ぶようにしましょう。同様の理由で、ドライバーも一緒に宿泊させるようにした方が、バスを車庫に戻す分の距離・時間が短くなるために安価で利用できることもあります。このような点に注意しながら、決めるようにすると良いでしょう。