よりお得に使う貸切バス

大勢での移動が手間をかけずにできるのが貸切バスの魅力です。しかし、貸切バスはどのように利用するかによって料金が変動しますので、料金の変わる条件を抑えておければ、より適切な方法で活用できるでしょう。ここでは、貸切バスの利用料金が変動する条件としてどのようなものがあるのかについて紹介します。

最初のポイントは、利用するバスの種類です。バス会社によって、利用できるバスの種類には違いがあります。大型バスからミニバスまで利用できるという会社もあれば、大型のものだけ、小型のものだけを扱っているところもあります。利用人数に合わせて適切な大きさのバスを選ばないと、その分余計に料金を支払うようになることもありますから、注意しておきましょう。また、同じ車種でも中の設備によって料金が変動することも考えられますから、その設備は本当に必要か?など細かい部分にまでこだわって利用するバスを選びましょう。

次のポイントとなるのが、利用時期です。週末は平日に比べて予約が集中しがちです。貸切バスの利用があまりない平日に旅行の計画を立てると、格安で利用できる場合もあります。しかし同じ平日でも、基本的に世間が長期休暇となるシーズンや、修学旅行が多い時期は料金が高めに設定されているところもあります。ですから、その時期を外して旅行の計画を立てると、格安で利用できるケースにつながることもあります。いつ予約を行うのかによっても料金に関わってくることもあります。日程が決まったらすぐにでも予約をしないと、予約がうまっていることもあるからです。ミスが発生することもありますので、早めに情報を集め余裕を持って予約を行いましょう。日程ギリギリで予約をすると、予定そのものをキャンセルしなければならない可能性もあります。

そして、深夜や早朝は避けることです。深夜や早朝は割増料金が加算されます。移動距離や時間が長いと、プラン次第では深夜や早朝に走行しなければならない場合もあります。さらに、移動距離が長いと、途中で運転手の交代が必要になるケースもあります。

最期のポイントは、バス会社の場所に気を付けることもポイントです。貸切バスの料金は、バス会社の車庫を出発してからバス会社の車庫に戻るまでが「利用時間」にあてはまります。ですから、集合場所から遠いバス会社を利用すると、必然的に料金は高くなります。料金を抑えるために、少しでも集合場所に近いところから選ぶようにしましょう。