貸切バスは団体旅行に最適

家族旅行のように少ない人数で旅行をする場合、公共交通機関や自家用車を使っての移動などが考えられます。しかし、社員旅行や修学旅行といった団体旅行のように人数が多くなれば多くなるほど、このような手段での移動は行いにくくなります。人数が多いと乗り換えなどの手間は多くなり、幹事や引率者にかける負担も大きくなってしまいます。それでは、どのような移動方法が良いのでしょうか。

大人数での旅行の場合に有益な移動方法として、貸切バスを利用するという方法があります。これは、その名の通り、バスを貸切にして利用する方法であり、そうすることによって様々なメリットがあります。まず、貸切であるため他に利用者はいません。つまり、自分たちだけしかその場にいないので、公共交通機関で移動するよりも、比較的自由に過ごすことができます。言わば、周りは身内だけですから車内で大いに話をすることもできますし、レクリエーションなどを企画することもできます。事前に問い合わせておけば、カラオケや冷蔵庫などの利用も可能です。車内設備としてどのようなものがあるかは車種によっても違いがあるため、予約の際に利用できるものを確認しておきましょう。自家用車やレンタカーを利用したとしても、周囲は身内のみではないか?と考えてしまうでしょうが、この場合、運転手はその旅行に参加する人たちです。運転を任されると運転に集中しなければならなく、その間他の参加者たちとコミュニケーションが取れない可能性があります。しかし、貸切バスであれば専任の運転手がいるのでそのような心配をすることはありません。

貸切バスを利用する際に注意しておきたいこととして、料金の件があります。レンタカーなどを複数台利用する場合に比べて1人あたりの支払い料金が安くなることがあるのも大きなメリットの1つですが、活用方法によっては料金が割高になってしまうケースがあります。では、貸切バスを利用する際に、利用料金を抑えるためにはどのようなことに注意すべきなのでしょうか。

その1つとして、移動距離と運行時間があります。貸切バスの利用料金は、移動距離と運行時間によって変わります。ですから、長距離・長時間運行の際には、安全にバスを走行するために交代運転者を配置しなければなりません。これは、夜間運行の場合でも同様ですが、そのような状況になったときは追加料金が発生することがありますので、十分に考えておくことが重要です。少しでも料金を抑えて利用したいのであれば、しっかりプランニングをして綿密な計画を立てましょう。